相続税の申告

相続税の申告は、相続人の皆様にとって初めてのことばかりではないでしょうか?
相続人の皆様が不安になることがない様に丁寧にご説明させて頂き、スムーズに進むよう致します。
相続でいちばん大切なことは節税ではなく、財産の円満な分割の方法と納税方法の決定です。
相続税を可能な限り少なくしたい、あるいは親、兄弟といった相続人の間でもめたくないという方は、
生前からあらかじめ相続対策を行い手続きを進めておく必要があります。
相続でお困りの方、まずはご相談ください。

相続税の申告までの標準的な流れは、以下のようになります。

■■■■■■

贈与税の申告

贈与税は、従来からある「暦年課税制度」に加えて「相続時精算課税制度」「住宅資金等の贈与税の
非課税制度」などの創設により、身近な税金の一つではないでしょうか?身近となった贈与税ですが、
贈与税は、相続税の補完税として一般的に高い税率が設定されています。
しかしながら、計画的な生前贈与は節税という観点から効力がある項目でもあります。将来の相続を
考慮した贈与がどのような効力を発揮するかをご説明し、適正な贈与をご案内いたします。